2016/07/05 11:54

1年以上前にご購入いただいた折財布。

小銭入れの部分をカード入れに替えることは可能かとのご相談でした。
もちろんOKです!

使い込んだ革の質感はとてもいい風合いが出てきていますね。

まずは縫い糸をほどいて小銭入れ部分を外します。



本体に傷がつかないように一目一目慎重にほどきます。



解体のついでにクリーニングも。



汚れを念入りに落としていきます。
この後はワックスを塗り、艶と保湿のケア。



そして新しく作ったカード入れのパーツを合わせる工程。



やっぱりピカピカですね。
蝋引きした麻糸を使い、縫い付けます。





完成です!



こば(断面の部分)も解体・再生の痕が残らないように。
2〜3枚合わせた革が1枚に見えるように念入りに手をかけます。



小銭入れの膨らみが無い分、かなり薄身になりました!



作者が最も気にかけるのは縫い目の美しさ。
縫い目それ自体がデザインのポイントになり得るような縫製を意識しています。


WIZARD LEATHERは買った後のサービスも万全です。
今回紹介したような改造だけでなく、単純な補修もOK!